「やまがた受動喫煙防止宣言」

山形県では、山形県受動喫煙防止県民運動推進会議、受動喫煙防止対策検討委員会での議論や、パブリックコメントの募集を経て、受動喫煙条例を目指しました。

 

NPOも様々な陳情や取り組みで、世論へのアピールを試みましたが、残念ながら、組織的な圧力や、喫煙容認派の議員への知識共有がうまく行かず、罰則や強制力のある条例はできませんでした。2015年に「宣言」という形で決着しています。

多くの人の努力でできた宣言です。

議論が大勢の人の意識を変える端緒となったと前向きに評価して、粘り強く、今後の改定も視野に、上手に活用していきましょう。

 

県民の意識を変える、社会通念を変えるのが大事です。

山形県は、「やまがた受動喫煙防止宣言」のもと、受動喫煙のない山形県、さらには健康長寿日本一を目指すと名言しています。

2015/05/22 山形県受動喫煙防止宣言

キックオフイベント

山形県受動喫煙ポスター.jpg