団体概要

NPO法人山形県喫煙問題研究会は、1998年、山形県の高い成人喫煙率を低減させて、健康な山形へシフトしたいと有志が集まって設立されました。

NPOが、地域の医療団体や自治体、議会、企業、健康福祉団体などとの暖かい応援を受けて、連携の橋渡しとなって、社会を変えることを目指して活動してきました。

次世代の教育にも、様々な取り組みが行われています。

山形の喫煙率は、2020年県別で、18.1%。

全国県別で、喫煙率が高い方から27位です。

2010年には20.6%で、21位でしたから、喫煙率の低下は他県より進んだと言えます。

平均寿命も、昭和40-50年台には66.5歳と全国40位と最下位に近い現状でしたが、

2010年時点で、山形県の平均寿命ランキング(男性)は全国9位の80歳へと上昇しています。

関係者の様々な取り組みの成果と思われます。禁煙推進もその一助になっていると考えます。

heart-1562351_640.jpg

​ご挨拶

会長

​大竹 修一

高信太郎山形禁煙(1).jpg

プロフィール

NPOの概要について

 
街宣.jpg

役員

2018年改選

禁煙街宣四師会.jpg

定款

賃貸貸借表