Our Gallery

Selected Memory

過去の写真や記事、文書のアーカイブです

新聞報道

To play, press and hold the enter key. To stop, release the enter key.

NPO紹介記事

ykk1c
ykk1c

ykk2c
ykk2c

ykk3-c
ykk3-c

ykk1c
ykk1c

1/3

ちらし、印刷物など

clean-omote1
clean-omote1

yutoriaimg010
yutoriaimg010

sing1
sing1

clean-omote1
clean-omote1

1/4

​TV報道 & 動画

​NPOに関した様々な動画のアーカイブです

2005年 山形市庁舎 

喫煙室設置計画に反対する活動

多額の費用をかけて各フロアに喫煙室や空気清浄器を設置する動きに、医療団体と一緒に反対陳情を行いました。強い反動もありましたが、意図をご理解いただいて、計画を撤回させることができました。​一柳初代会長も反対を強く述べています。

​今、振り返っても、設置を止めて、大正解でした。

2005年 山形市庁舎 

喫煙室設置計画に反対する活動

2007年 タクシーの全面禁煙のための活動

タクシーの全面禁煙を実現するために、大手タクシー会社の事務所へ陳情活動に行ったり、マスコミを通じて問題を取り上げてもらったり、活動を行いました。

「全面禁煙なんかしたら、タバコを吸う客から暴力をうける。売り上げが減って、つぶれてしまう。そんなことが、できるはずがない」とドライバーさんからの強い反対もありましたが、経営トップのご理解で実現しています。

今から振り返っても、全面禁煙で減収になって潰れた会社はないと断言できます。タバコを吸えたことの方が、奇異に感じます。

岡崎治彌さんからのメッセージ

喫煙防止教育にいつもお手伝いいただいた、岡崎さんの若者への禁煙メッセージです。岡崎さんは蔵王温泉のタカミヤホテルグループの副会長の重職を勤めた方です。

岡崎さんは、大学生からヘビースモーカーでした。喉頭癌になって、1度は放射線治療で軽快しますが、再発。声帯摘出術を長時間の手術に末に行って、声を失います。半年以上、傷が完治しなくて、水も飲めない状態が続いて、「死んだ方がいい」と何度も思ったそうです。放射線治療によって皮膚の治癒が悪くなったためと推測します。

声を失って、人工喉頭(電子補声器)を猛特訓。周囲の人が分かる程度まで話すのは、容易なことではないのです。

講演では、タバコの怖さ、病気の大変さ、病気で失った将来の計画や夢などを、小学校から大学まで多くの若者にユーモアを交えてお話してくれました。お風呂に入って、深く入ると、のどの穴から水が入ってむせて肺炎になって大変なことになるので、とても気をつけるないとダメなんだと教えてくれました。


穏やかな笑顔で、自分の病気の事や、のどに開けた穴などを実際に見せながらお話してくださいました。とても勇気がいることで、献身的な活動にいつも敬服していました。

収録は日大山形での講演の後で、「タバコは敵です、これからの若い人は吸わない方が良い」と、お話して下さっています。


喉頭癌以外にも肺がんや、心臓病など様々なタバコ関連疾患が出て、「病気のデパートみたいだ」と笑っておられました。


庄内までも喜んで、一緒に講演に行って多くの方に強いメッセージを届けてくれました。

最終的に肺がんで亡くなられました。合掌。

遺志をつないで、メッセージを若い人に届け続けたいと思います。

%E5%B2%A1%E5%B4%8E%E6%B2%BB%E5%BD%8C%E3%

2009年 読売新聞の取材記事

「私はタバコで声を失った」 

説得力のある授業を聞けた児童は幸せでした。

チャンピックスで

「吸いながらラクラク禁煙」を

​やってみませんか

禁煙治療薬チャンピックスを使用して禁煙できた成功談です


半信半疑で「ダメもと」で始めた禁煙外来。


医師の指示通り、タバコをいつも通りに吸いながら薬だけ飲み続けたそうです。チャンピックスを飲むと、タバコがまずく感じて、自然とタバコを吸わなくなったと、体験を話してくれています。


苦労なく、”自然と”止められるのが、大事なポイントです。
上手に使うと、努力は禁煙には必要がないことが多いのです。


是非、多くの方に、「吸いながらラクラク禁煙」を体験して欲しいと思います。

下記から成功事例の実際記録を見ることができます。

へピースモーカーほど、あっさり、できることも珍しくありません。80本吸う人でも1週間で止めるなど、効果は高いです。